あなたの会社のリスクを見える化
HAT ハラスメント・情報セキュリティ実力診断

HAT  ハラスメント・情報セキュリティ実力診断とは?

職場のリスクの見える化から
教育まで行える基本問題集

企業におけるコンプライアンス教育は、概ね実施されており、現在ではさらに専門性に特化した教育を求められています。 その中でもハラスメントについては、近年多くの報道がなされ、社会的な関心が高まっています。特に、パワーハラスメント(パワハラ)については、その防止を企業に義務付けることが法律で決まり、2020年6月から施行されました。 また、自社が持つ情報資産(経営情報や預かり情報、これらを管理するITシステムや、紙を含む記録媒体)についてはセキュリティが求められ、従業員それぞれが取扱いに対して意識しなければならない時代です。 「コンプライアンス」「ハラスメント」「情報セキュリティ」は企業における3大リスクであり、これらにどう対応していくか、マネジメントや教育が必要です。

そこで、延べ600社以上に導入されてきた「コンプライアンス総合問題集」の知見をもとに、小~中規模な企業向けのエントリー教材を開発。 「自社の従業員のハラスメント意識レベルを把握したい」「まずは情報セキュリティに関する知識のベースを揃えたい」といったニーズにこたえ、スピーディーで効果的な教育を実現できるコンテンツパッケージとなっております。

おすすめポイント

基本を押さえつつ難しすぎない

数多くの企業研修に携わってきたコンサルタントが、小~中規模の企業において押さえておかなければならないテーマを厳選。
また、専門用語を避けた解きやすい設問・解説はあらゆる従業員の学習に適しています。

問いかけて考えさせる

特定シーンにおいて正しい行動や考え方を答えさせる「ケース問題」で構成されています。正しい知識を使ってどのように考え、行動するかを選択させることで自分事になりやすく、実際の業務でも同様に考え・行動できるようになります。
復習テストで教育効果を確認

復習テストで教育効果を確認

全ての学習用問題を実践し終わったら、その内容を確認する復習テストの実践することで、知識の定着度が分かります。

コンテンツ詳細

ハラスメント(問題数50問)

<テーマ>

  • ハラスメントの基本
  • ハラスメントとメンタルヘルス
  • パワハラの基本
  • セクハラの基本
  • マタハラ・パタハラ・ケアハラの基本
  • 被害者におきる変化
  • 被害者にならないために
  • 加害者の理解
  • 加害者にならないために

情報セキュリティ(問題数50問)

<テーマ>

  • 罠への対応
  • ウイルス防御能力
  • パスワード漏えい対策
  • 機能と運用管理
  • 組織

コンプライアンス(問題数50問)

<テーマ>

  • 下請法
  • 独占禁止法
  • 印紙税
  • ハラスメント
  • 労災
  • パスワード
  • 著作権
  • 会社資産の利用範囲
  • 産廃
  • 公務員との関係

HAT ハラスメント・情報セキュリティ実力診断 価格表

3カテゴリ(ハラスメント、情報セキュリティ、コンプライアンスのすべて)

<ご利用人数100~300名まで・3か月間ご利用の限定お試しパッケージプラン>

100名まで:327,800円

101~200名まで:523,600円

201~300名まで:719,400円

301名以上:要ご相談

※ご利用期間は最大3か月間です。3か月を超えてご利用になる場合は、別途超過費用が発生いたします。
※システム環境は弊社指定の環境をご提供いたします。
※実施状況の確認は監督者サイトからのみとなります。
お電話でのお問い合わせはこちら。
平日09:30-18:30
ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください。