catch-img

1からわかるオンライン試験。システム・方法からカンニング防止策まで

コロナ禍の広がりなどにより、様々な領域で試験や検定のオンライン化が進んでいます。企業内の試験や検定も、社内業務のリモート化に伴いオンライン化される傾向があります。導入を検討されているご担当者様も多いのではないでしょうか。


しかし導入を検討する場合も、そもそも具体的なイメージが湧かなかったり、比較するポイントなどが分からなかったりするかもしれません。この記事では、オンライン試験についての概略と不正防止策などについてまとめます。ぜひ参考にしてみてください。


目次[非表示]

  1. 1.システム・方法別のオンライン試験の種類
    1. 1.1.オンライン試験のシステム➀CBT
    2. 1.2.オンライン試験のシステム②IBT
    3. 1.3.オンライン試験のシステム③その他
  2. 2.オンライン試験のメリット
  3. 3.オンライン試験のデメリット
  4. 4.オンライン試験でカンニングはバレる?防止策まとめ
    1. 4.1.防止策➀アトランダム・シャッフルによる出題
    2. 4.2.防止策②Webカメラによる監視
    3. 4.3.防止策③会場の設備・環境(会場型)
  5. 5.その他のオンライン試験実施の注意点
  6. 6.オンライン試験のシステム・サービスを選ぶポイント
    1. 6.1.➀出題形式
    2. 6.2.②安全性・安定性
    3. 6.3.③利便性
  7. 7.オンライン試験ならイー・コミュニケーションズにご相談を



システム・方法別のオンライン試験の種類

オンライン試験は、システムや方法によっていくつかの種類に分けられます。まず、種類別の特徴についてまとめます。具体的には次の3つのシステム・方法があります。


・CBT

・IBT

・その他


これらは受験者が選択するのではありません。試験を行う側がこれらの中から自社に合ったシステムを選んで実施します。1つずつ特徴を確認していきましょう。


オンライン試験のシステム➀CBT

「CBT」は、コンピューターを使ったオンライン試験のことです。「Computer Based Testing」の略称です。一般的にはインターネットを経由して試験を行います。コンピューターのディスプレイに問題が表示され、受験者はマウスやキーボードを使って解答するという形式です。


コンピューターを使っていれば、本来受験する場所は不問です。自宅でも会場でも受験することができます。資格試験などでは会場を借りて行う場合もありますし、社内試験では自社の会議室などで行う場合もあります。しかし「CBT」と言う場合、テストセンターなどコンピューターの設備の整った会場を借りて行う「会場型CBT」を指すことが多くあります。


CBTは社内検定に活用されています。そのほか、とくに厳格な試験が行いやすい会場型はさまざまな資格試験にも導入されています。


オンライン試験のシステム②IBT

「IBT」は「Internet Based Testing」の略称で、インターネットを使ったオンライン試験全般を指します。デバイスはコンピューターに限らず、スマートフォンやタブレットでも受験が可能です。CBTと同じくディスプレイに問題が表示され、解答を入力します。


インターネットを使ったオンライン試験全般のことを言うので、IBTの中にCBTが含まれていることになります。


本来は、インターネットを使った試験であれば受験場所は不問です。とは言え、会場型よりも自宅でも受けられるオンライン試験を指して「IBT」と呼ぶことが多くあります。


IBTで自宅で受験する場合は、会場型よりも厳密さの水準が下がります。そのため、IBTはやや軽めの検定などから導入されてきました。しかし企業内の試験や一部の資格試験など、厳密な運用が必要な試験にもIBTは利用されています。今後さらに利用されていくことが予想されます。


オンライン試験のシステム③その他

その他、大学校内のオンライン試験などでは専用のサービス・システムを利用せずにオンライン試験が行われています。


例えばGoogleフォームを利用する方法や、モニターに表示された問題を解いて解答用紙をスキャンしたり写真撮影したりして送るという方法があります。これらの試験は手軽ではありますが、不正対策という点では不十分だと言わざるを得ません。試験の内容や厳格さに合うなら検討してみてもよいでしょう。


オンライン試験のメリット

オンライン試験には、実施する側・受験する側両方にとって多くのメリットがあります。なお、以下では上記3つの試験方法のうちCBTとIBTの場合にしぼってまとめます。


実施する側からすると、まず試験実施までの準備にかかるコスト・手間を大幅に削減できることが挙げられます。問題用紙の印刷や輸送をはじめ、自社で試験を行うなら会場や試験管の手配も不要です。


また問題のデータは持ち帰ることができないため、問題漏洩のリスクが極めて低いというメリットもあります。解答用紙を紛失することもないので個人情報も守られます。


さらに選択式の問題であれば、採点の自動化が可能で時間・労力を大きくカットできます。試験直後に採点して結果を出すことも可能です。


試験後もデータ管理が容易です。社内の試験であれば不合格者を抽出して連絡・再試験を行ったり、ステップアップしていく試験・検定であれば誰がどこまで合格しているかの確認もすぐにできます。


受験者からすると、日時や場所の自由度が高いのが最大のメリットだと言えます。受験の日時・場所について選択肢が用意されている試験が多くあります。さらに場合によっては、前述したように自宅で受験することも可能です。


オンライン試験のデメリット

オンライン試験には、デメリットもあります。


たとえば導入時の手間・コストがかかります。しかしこれは導入時だけの問題で、いったん導入してしまえばそれ以降は逆に手間もコストもかからなくなります。


コンピューターの操作に不慣れな人にはハンデとなるというデメリットもあります。これは資格試験などでは起こりえますが、社内の試験ではあまり問題とはならないでしょう。業務でコンピューターを使っている人が多いからです。基本的なコンピューターの操作ができれば問題ありません。


IBTで自宅受験する場合、騒音などのアクシデントが起こる可能性がCBTなどより高いということも挙げられます。実際、リスニングのテスト中に電話が鳴ったという例もあります。しかし社内試験ならこのリスクは低いでしょう。


このように見ると、オンライン試験のデメリットは解決可能なものか社内試験では当てはまらないものばかりです。資格試験では課題もありますが、それも多くは実施側というよりも受験者側の問題だと言えるでしょう。


オンライン試験でカンニングはバレる?防止策まとめ

オンライン試験について多くの人が気になるのは、カンニングにまつわることではないでしょうか。実施する側からすればカンニングは防止できるのか・受験する側からすればもしもカンニングしたらバレるのか、気になるのも当然でしょう。


結論からいうと、オンライン試験でもカンニングはバレる可能性が高いと言えます。様々な防止策が練られており、サービス・システムに実装されているからです。具体的には、オンライン試験で行われているカンニング防止策の例としては次の3つが挙げられます。


アトランダム・シャッフルによる出題

Webカメラによる監視

会場の設備・環境(会場型)


1つずつ詳細を確認しましょう。


防止策➀アトランダム・シャッフルによる出題

まず、出題方法におけるカンニング防止策があります。多くのCBT・IBTでは、受験者個々に違う問題を出題したり、出題の順番や選択肢の順番を変えたりすることが可能です。


そのため、仮に会場型の試験でほかの受験者の答えをカンニングしたとしても、それが同じ問題の同じ選択肢とは限りません。例えて言うなら、問3にアと解答していても問題も選択肢の内容も違う可能性があるのです。


カンニングしても意味がないことになり、受験者もリスクを冒してまでカンニングしなくなります。その結果実施者から見てもカンニング行為が抑止されていきます。


防止策②Webカメラによる監視

またコンピューターに搭載されたカメラを使って、受験者の挙動をチェックするサービスもあります。会場型に限らず、自宅受験でも監視が可能です。オンラインの試験ならではの監視方法で、全受験者を正面に近い位置から至近距離で監視できるため高い精度が期待できます。


自宅受験の場合、カメラの死角にカンニングペーパーやテキストを用意したり時には協力者が隠れていたりという不正が考えられます。Webカメラを使って、視線がどこを向いているか・不審な行動をしていないかなどを監視します。


リアルタイムで監視することができ、サービスによっては試験中に該当の受験者にのみ警告を送ることもできます。リアルタイムの監視のほか、録画した映像をAIが分析することが可能なサービスもあります。試験の最中には不審な行動を見逃してしまったとしても、試験後に問題のある行動を洗い出して確認し直すことができます。


防止策③会場の設備・環境(会場型)

会場で行う試験の場合、試験官が巡回したり監視カメラによるリアルタイムの監視も行われます。紙ベースの試験と同様です。


巡回は不正行為の大きな抑止力となります。オンラインの試験はカンニングしやすいというイメージを持たれがちなのは、試験官の監視が少ない・ないからです。しかし会場型ではそのようなことはありません。


そのほか、隣の席との距離を広く取るなどの環境も整えられているのが普通です。


その他のオンライン試験実施の注意点

カンニング以外にも、オンライン試験を実施する際に注意すべき点があります。ここではそういった注意点についてまとめます。


まず事前に確認しておくべきなのが通信環境です。試験の最中に通信トラブルがあると、試験そのものの続行ができないなどということになりかねません。サーバーにかかる負荷や通信速度などを確認しておき、問題なく試験が実施できる環境を用意します。


初めだけオンラインにしたらその後はオフラインで受験可能なサービスや、トラブル時のロスした時間に対応しているサービスもあります。そういったサービスなら万が一の場合も安心です。


また受験者に対して受験環境の条件の告知を行うことも必要です。例えば使用するサービスによってはブラウザの指定があります。そのほかWebカメラの設置なども告知する必要があるでしょう。


オンライン試験のシステム・サービスを選ぶポイント

オンライン試験を実施する際、使用するシステムやサービスを選ぶポイントについてまとめます。大きなポイントとしては次の3点が挙げられます。


出題形式

安全性・安定性

利便性


1つずつ見ていきましょう。


➀出題形式

まず、自社で出題したい形式にサービス・システムが対応しているかどうか確認します。文字ベースでの出題のみであれば問題ありません。しかし音声や動画を使いたい場合、そもそも使用できるかどうか・使用の条件や環境はどうかなど、候補のシステムが自社の希望に合うか確認する必要があります。


また解答の形式も確認が必要です。選択問題だけであれば問題ありません。しかし記述式の問題を出題したい場合や外国語など音声で答えさせたい場合は、対応できるサービスばかりではありません。受験者の操作性なども含めて確認する必要があります。


②安全性・安定性

カンニングや問題漏洩、個人情報流出への対策がしっかりしているかどうかも重要です。不正行為への対策は、試験の厳密さ・厳格さによって必要の度合いが変わるでしょう。資格など試験によっては対策が充実しているシステムを選ばなくてはなりません。個人情報のセキュリティはどのような試験であっても高い水準が求められます。


また、試験が安定的に行えるかどうかも大切です。通信環境による影響について、自社の場合はどうかよく確認しておきましょう。とくに受験者が多い場合、通信環境は重要なポイントとなります。試験はオフラインで実施できるサービスなら、安定性が高いと言えるでしょう。


③利便性

さらに実施者側・受験者側の両方から見た使いやすさも確認しましょう。


まずシステム導入時の労力や利便性を考えます。CBT・IBTで使われるシステム「LMS(Learning Management System)」は、サーバー型(オンプレ型)とASP型とに分かれます。サーバー型は自社サーバーにシステムを導入する方法で、ASP型はクラウド上のシステムにアクセスして使用する方法です。ASP型の方が導入のコストや手間が少なく利便性が高いと言えます。


さらに、実施までに必要なテスト準備などの労力も検討します。既存のデータを流用できるかどうか、新たに作成するなら作成のしやすさはどうか、問題を提供してくれるサービスはないかなどを確認します。


そのほか、試験後の採点・結果連絡などの方法、受験者の成績や合否の管理などの利便性も確認します。これらの機能は受験者数が多くなるほど・試験の回数が増えるほど重要度が増します。


受験者の使い勝手も重要です。後で見直したい問題に付箋を付けられる機能や残り時間の表示機能があると受験者も使いやすくなります。


そして上記の機能すべてにおいて、管理画面の使いやすさなどの操作性も確認しましょう。直感的に操作できる管理画面・解答画面の設計がなされていると、それだけでも利便性はかなりアップします。


オンライン試験ならイー・コミュニケーションズにご相談を

オンラインの試験は、自社の試験内容に合ったサービスを選ぶことが大切です。自社に合ったサービスなら、さまざまな面で運用・管理がしやすくなります。


もしもオンライン試験の導入をご検討中であれば、ぜひ私どもイー・コミュニケーションズにご相談ください。オンライン試験のサービス「Master CBT Plus」をはじめ、会場型CBTサービス「J-Testing」、試験監視サービス「Remote Testing」などのサービスをご用意しております。


Master CBT Plusは運用実績が豊富で、年間100万以上配信・1000団体以上にご利用いただいています。


自社で利用することはもちろん、J-Testingと連携すれば会場型CBTも実施できます。試験中はオフラインで実施することが可能で、安定した試験が実現できます。評価機能が選べるほか、自動採点と結果の即時通知も可能です。厳格なコンテンツも提供可能です。


出題形式も、動画やリスニング・スピーキング(オプション)に対応。不正防止機能も充実しており、より厳格な実施には監視サービスRemote Testingと連動させることも可能です。


ASP型で導入も簡単・スムーズです。デバイスも選びません。導入後も高セキュリティで安定稼働が可能です。コンサルティングからお手伝いいたします。


ご興味おありの場合・ご質問がある場合など、お気軽にお問い合わせください。ページ右上の「お問い合わせ」ボタンよりご連絡いただけます。

CBT試験を低コストでアウトソーシングしませんか?
イー・コミュニケーションズにお任せください

お電話でのお問い合わせはこちら
平日09:30-18:30
ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。
お役立ち資料はこちらから

カテゴリ一覧

人気記事ランキング

新着記事

タグ一覧