catch-img

CBTとはどんな試験方式?利用するメリットと社内研修など活用例

近年、試験方式として「CBT」という方法が広がりを見せています。しかしどんなものかよく分からないという方もいらっしゃるかもしれません。CBTは多くの資格試験で利用されており、資格試験のための方法だと思われがちです。しかし社内研修などにも活用することができます。


この記事では主に企業でCBTを導入する場合のメリットや利用例についてまとめます。総務や人事で社内研修を行っている方は参考になる内容となっています。ぜひお読みください。

目次[非表示]

  1. 1.CBTとは
  2. 2.CBTとほかの試験方法との違い
  3. 3.CBTで可能な出題形式
  4. 4.CBTに活用しやすい試験
  5. 5.CBTのメリット
    1. 5.1.実施サイドからのメリット
      1. 5.1.1.➀試験実施までの労力・コストを大幅にカット
      2. 5.1.2.②試験問題の漏洩のリスクがない
      3. 5.1.3.③試験中のカンニングのリスクがない
      4. 5.1.4.④採点の自動化で労力・時間をカット可能
      5. 5.1.5.⑤試験後のデータ管理が容易
      6. 5.1.6.⑥国による電子化推進に適合
    2. 5.2.受験者からのメリット
      1. 5.2.1.➀受験日時の自由度が高い
      2. 5.2.2.②すぐに結果を知ることができる
      3. 5.2.3.③遠出しなくても受験できる
    3. 5.3.CBTのデメリット
  6. 6.CBTの導入例
  7. 7.CBTと今後
  8. 8.CBT導入ならイーコミュニケーションズにご相談ください。




CBTとは

「CBT」とは「Computer Based Testing」の略称で、コンピューターを利用した試験の総称です。「~BT」という略称の「~ベースのテスト」が何種類かありますが、CBTの「C」はコンピューター(computer)の「C」です。


コンピューターのディスプレイに問題が表示され、マウスやキーボードを使って解答します。紙を使用した試験にはないメリットが多く、近年さまざまな分野で広がりを見せています。


インターネットとコンピューターの両方が必要となりますが、試験中はオフラインでも使用できるサービスもあります。


CBTとほかの試験方法との違い

試験方法には、CBTのほかに従来の紙(paper)ベースの試験(PBT:Paper Based Testing)やIBT(Internet Based Testing)と呼ばれるCBTに似た方法があります。それぞれとの違いを確認しましょう。


CBTには、従来の紙による試験「PBT」にないメリットが多数あります。


l 準備:PBTは会場や試験官の手配が必要だが、CBTは自社などで実施可能で手配がほぼ不要

l 問題の準備:PBTは問題や解答用紙の印刷と輸送などが必要だが、CBTは不要。また試験直前まで問題の変更が可能なので、時事的な問題にも対応可能

l 問題の内容:PBTは同一の問題を使用するが、CBTは1人ひとり問題を変えたり選択肢の順序を変えたりできる

l 採点:PBTはマークシート形式を除き人が採点する必要があるが、CBTは自動的に採点可能

l 日時の設定:PBTは一斉試験が基本だが、CBTは自由度が高い


次に「IBT」との違いです。IBTはインターネット(internet)を使用した試験方式です。CBTはコンピューターを使用する場合のみを指しますが、IBTはタブレットやスマートフォンを使用する場合も含みます。IBTの方がより広い内容を指し、IBTの中にCBTが含まれていると言えます。


またCBTは会場を借りて実施する「会場型」を指すことが多いのですが、IBTは自宅など会場以外で受験できるのが特徴です。なお、IBTのサービスを使って自社のスペースによるCBTの実施は、一般的に行われています。最も低コストで導入・運用が可能な方法と言えるでしょう。


CBTで可能な出題形式

CBTは、従来のPBTで一般的だった出題形式はもちろん、PBTでは不可能だった様々な出題形式に対応しています。具体的には次の通りです。


l 選択問題

l 論述問題

l 動画や音声を使った問題


問題は、受験者ごとにアトランダムに出題することも可能です。先ほど軽く紹介したように、出題する問題を変えるほか出題の順序を変えたり、同じ問題でも選択肢の順序を変えることも可能です。


動画を使った問題は従来のPBTでは難しい出題形式ですが、CBTでは可能です。また語学試験のリスニングのような音声の使用も、従来のような設備の準備などを必要とせず行うことができます。受験者が音声で解答するスピーキングの試験に対応できるサービスもあります。


さらにサービスによっては、形式を問わず出題した問題をテスト結果から分析して良問・悪問を洗い出してブラッシュアップしていくことも可能です。


CBTに活用しやすい試験


CBTを活用しやすい試験とはどんなものかについて考えてみましょう。試験の形式でとくにCBTと相性がよいのは選択問題です。採点面などメリットが多く、導入しやすいと言えます。具体的な内容としては、次のような試験がCBTを活用しやすいでしょう。


l 社内の資格試験など

l 知識の定着 

l 資格試験など


CBTは社内の資格試験や昇進試験に活用できます。定期的に行う試験であれば、問題のブラッシュアップなど試験の精度を高めていくことも簡単にできます。


知識の定着は、問題集・ドリルのような活用方法です。企業で利用する場合は、内定者向けやコンプライアンスなどの社内研修、そのほか企業理念の浸透や商品知識などの知識が挙げられます。


もちろん一般的にイメージされるような、資格試験のプラットフォームとしても活用できます。


CBTのメリット


では、具体的にCBTにはどのようなメリットがあるのでしょうか?CBTのメリットについて、実施者側と受験者側それぞれの立場からまとめます。


実施サイドからのメリット


まず、実施者から見たメリットについてまとめます。具体的には次の点が挙げられます。


l 試験実施までの労力・コストを大幅にカット

l 試験問題の漏洩のリスクがない

l 試験中のカンニングのリスクがない

l 採点の自動化で労力・時間をカット可能

l 試験後のデータ管理が容易

l 国による電子化推進に適合


1つずつ具体的に見ていきます。


➀試験実施までの労力・コストを大幅にカット

CBTでは、試験実施までの労力やコストを大幅にカットすることができます。CBTはPC上で試験を行うため、問題・解答用紙の印刷や会場への輸送・運搬が不要です。


さらに自社で行う場合は、試験会場や試験官の手配も不要です。これらの準備にかかる費用・労力が大幅に削減可能となります。


また、紙ベースで印刷が必要な場合は、問題作成を試験より一定期間前に済ませておく必要があります。しかしCBTは試験直前までデータの更新が可能です。そのため、たとえば時事問題など最新の情報を問題に反映させることができます。


②試験問題の漏洩のリスクがない

CBTでは、試験問題の漏えいリスクを極限まで抑えることができます。紙ベースだと内部の人間がコピーを取るなどの可能性はゼロではありません。しかしCBTの場合、問題にアクセスできる権限を明確にしておけば試験前の漏洩はありません。そもそも問題を1人ひとり変えることができるので、事前に問題を知りえたとしてもそれが必ず出題されるとは限りません。


また試験の後には、受験者に問題のデータが残りません。もちろん受験者が記憶している範囲はやむを得ませんが、データのような明確な形で漏洩・流出することはありません。


さらに問題用紙・解答用紙の回収漏れや紛失といった問題も起こりません。問題の漏洩のほか、個人情報の流出も避けることができます。


③試験中のカンニングのリスクがない

CBTでは受験者が試験中にカンニングするリスクがありません。CBTでは個々の受験者に違う問題を出題したり、選択肢の順番を変えたりすることが可能です。そのため、仮に周囲にいる受験者の解答が見えても同じ問題・同じ選択肢とは限りません。


また、ほかのアプリの起動、コピー&ペーストやWeb検索などを禁止する機能が付いているプラットフォームもあります。そういったプラットフォームなら、コンピューターを使ったカンニング行為を防止することができます。


そのほか、PC搭載のカメラを使って挙動をチェックするサービスもあります。そういったサービスを利用すれば、ほかの受験者の解答や持参したデバイスを見ている可能性のある疑わしい行動を確認できます。


④採点の自動化で労力・時間をカット可能

CBTでは、採点にかかる労力や時間を大幅にカットできます。選択問題は自動的に採点が可能です。そのため人が採点する必要がありません。合否など試験結果の判定も、基準を設定すれば自動的に行われます。試験直後に採点して受験者に結果を伝えることが可能なサービスもあります。


そのほか採点については、出題内容に問題があった場合などに任意の問題を全員正解・不正解にすることも可能なサービスもあります。


⑤試験後のデータ管理が容易

CBTはコンピューターを使った試験方式なので、結果などデータの集計・分析や管理が容易です。さまざまな検索条件で受験者のデータ抽出を行ったり、不合格者だけ選別して再試験の連絡を行うといったことも容易に行うこともできます。


またデータを外部のシステムやツールと連携させて利用することが可能なサービスもあります。そういったサービスでは、たとえば抽出したデータをCSVで出力してほかのツールで分析したり、逆にほかのシステムの試験結果を取り込んで一括管理したりすることができます。


⑥国による電子化推進に適合

政府が公文書の電子化を推進しており、2026年の完全電子化を目指しています。資格や検定など試験業界でもそれに呼応する流れがあり、従来の紙を使った試験からオンライン形式の試験が増えてきています。大学入試を一部オンライン化している大学も出てきました。今後ますますオンライン化の流れは加速していくでしょう。


とくに対象がオープンな資格試験の場合は、オンライン化・デジタル化の流れにも適合しています。社内で行う研修や試験も大きな目で見たトレンドに沿っており、早い時期での導入は後々の労力のカットにつながるでしょう。


受験者からのメリット

次に、受験する側から見たメリットをまとめます。


l 受験日時の自由度が高い

l すぐに結果を知ることができる

l 遠出しなくても受験できる


以下、それぞれ具体的に見ていきます。


➀受験日時の自由度が高い

まず受験者のメリットとしては、受験日時の設定の自由度が高いことが挙げられます。先に述べたように、CBTではカンニングの可能性が低く監督・管理の必要性が少ないため、日時を自由に設定できることが多くあります。それにより、受験者の都合に合わせて受験日時を決めることが可能です。


②すぐに結果を知ることができる

すぐに試験の結果を知ることができることも受験者にとってメリットです。選択問題中心であれば、自動的に採点できるため従来よりかなり早く結果が出ます。場合によっては試験の直後に結果が発表されることもあります。


③遠出しなくても受験できる

資格試験などの場合、遠方の試験会場に出向く必要がありません。少ないマンパワーで実施可能なため、小規模の会場が多数用意されていて自宅近くで受験できたり、会場に出向くこと自体が不要で自宅で受験できることも多くあります。


社内での研修や試験でも、本社などに出向く必要がありません。普段のオフィスで、普段利用しているコンピューターで受験することも可能です。


CBTのデメリット

ではCBTにデメリットはないのでしょうか。考えられるデメリットを検証してみましょう。


まず導入時の手間・コストがかかるという意見があります。確かに導入にはある程度の労力や費用が必要です。しかしいったん導入してしまえば、それ以降は逆に手間がかかりません。定期的に行う試験であれば、長い目で見ると却って手間・コストの削減が可能です。


次に、通信環境の整備や確認が必要だということが挙げられます。これも、試験中にトラブルが発生した場合ロスした時間を反映させるサービスがあります。そういったサービスであれば万が一の場合も安心です。また、試験開始・終了時のみ通信し、試験中はオフラインで利用可能なサービスもあります。受験者が多い場合などトラブルを回避できます。


最後に、コンピューターの操作に不慣れな人には試験の形式自体がハンデとなる点があります。確かに、資格試験などでは起こりうるでしょう。しかしビジネス利用であれば、受験者は基本的なコンピューター操作ができる場合がほとんどではないでしょうか。基本的な操作ができれば問題ありません。


このように、一般的にデメリットとされていることはどれも解決可能です。


CBTの導入例

では、実際にはどのような導入例があるのでしょうか。弊社の場合の例をごく一部ご紹介します。


l 大手企業の社内試験

l 大手企業の社内教育

l 大学・予備校などの学習システムとしての活用・試験配信など

l 資格試験など


社内試験の例では、業務担当者に必要な知識のテストとしての利用です。社内教育については、コンプライアンス教育の教育効果の測定として導入されました。研修前後のテストに利用されている例もあります。この例ではテストと学習システムを組み合わせての利用ですが、大学・予備校でも学習システムとしての活用もされています。そのほかもちろん資格試験でも利用されています。


詳細をご確認されたい方は以下のリンクから実例をご覧ください。


CBTと今後

CBTは今後ますます広く活用されていくと考えられます。試験方式自体の利便性はもとより、社会の流れが求めるものに合致しているからです。


CBTは、再現性・利便性が高い試験方式です。またコンプライアンス遵守やハラスメント対策など、企業において必要な教育・研修が多様化・増加しているという側面もあります。さらにコロナ禍をきっかけとするオンライン化や政府による文書の電子化の推進といった時代的な潮流もあります。


上記のような要因により、今後いっそう試験のIT化が進むと考えられます。企業においても活用しやすい試験方式であり、導入することによるメリットも多くあります。御社が研修や社内の試験を行っているのなら導入を検討することをおすすめします。


CBT導入ならイーコミュニケーションズにご相談ください。

CBT導入には、イーコミュニケーションズにご相談ください。 

弊社は試験配信の運用実績が豊富で、毎年100万人規模の試験を安定稼働させています。さらに絶対評価・相対評価など評価機能を選ぶことができ、柔軟な運用が可能です。さらに設問や個人情報の流出を防ぐセキュリティの高い仕様で、大規模な同時受験も問題ありません。試験中はオフラインにすることも可能です。サーバーの負担を心配する必要もありません。

かつ、サーバー型ではなくASP型なので導入が簡単です。数々の業種でさまざまな形式の試験を実施してきたので、コンサルティングから支援が可能です。そしてテスト分析による問題の精査・ブラッシュアップも伴走支援させていただきます。受験者の管理もしやすい工夫がなされています。

導入を決定していなくても、ご興味がおありでしたら、まずはページ右上部の「お問い合わせ」からご連絡ください。もちろんご質問だけでも結構です。ご要望をお伺いしつつベストのご提案をさせていただきます。

CBT試験を低コストでアウトソーシングしませんか?
イー・コミュニケーションズにお任せください

お電話でのお問い合わせはこちら
平日09:30-18:30
ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。
お役立ち資料はこちらから

カテゴリ一覧

人気記事ランキング

新着記事

タグ一覧