累計1,500社の導入実績があるeラーニング・オンラインテストシステムがリニューアル。
様々な機能が進化した『SAKU-SAKU Testing』を2022年2月1日にリリース

2022年2月1日 様々な機能が進化した『SAKU-SAKU Testing』をリリース

2022年2月1日、eラーニング・オンラインテストプラットフォーム『SAKU-SAKU Testing』を大幅にリニューアルし、提供を開始いたしました。
SAKU-SAKU Testing(サクサクテスティング、以下「サクテス」。)は、ガラケー・スマホ・タブレット・PCに対応したeラーニング・オンラインテストプラットフォーム。導入社数は累計1,500社を超え、教育担当者様のニーズ、月間20万IDのユーザのアクセス状況、使い勝手、要望を基に日々開発が行われています。

今回のリニューアルでは、より教育担当者の方々が使いやすいユーザーインターフェースに変わり、機能も大幅に進化しました。特に、オンラインテストは、CBTシステムと同等の機能を持ち、同時アクセス(オンラインテストの一斉実施や意識調査の大勢実施など)にも対応が可能。また、対面研修、集合研修をサポートする機能として、レポート課題のファイルを提出し、教育担当者が確認、評価できるオプションもご用意しています。
その他、シングルサインオン(SAML2.0)に対応しているため、ユーザーの利便性を高めるだけではなく、ログイン認証やアクセス制御の仕組みを一元化することにより、お客様のIT環境の管理を容易にします。

【主な機能内容】
・ユーザーを組織やグループで管理。API連携によるユーザー更新が可能。
・コンテンツは管理者サイト(ブラウザ)から簡単登録。Excelフォーマットによる一括登録が可能。新たなユーザーインターフェースは見やすさ、使いやすさを追求。
・テスト機能はCBT(Computer Based Testing)さながらの機能が満載。択一式、複数選択式、穴埋め、並び替え、記述式問題のテストがオンラインで実施でき、統計データも出力が可能。
・動画コンテンツはインプット教材としてだけではなく、テスト問題用動画としても登録可能。
・スライドはパワーポイント形式だけではなく、HTMLスライドの作成が可能。
・一つのコンテンツを複数回実施し、結果データを一元管理できる「配信」機能を新たに追加。
・オプションの「レポート課題」では、ユーザー(受講者)が管理者へファイルを提出でき、管理者は採点ができるため、対面研修のサポートとして便利。
・シングルサインオン(SAML2.0)に対応しているから、ID管理が容易に。

(リニューアルされたユーザー・管理画面)
(コンテンツは簡単一括登録。結果データの集計・統計も簡単出力)
(レポート課題をファイル提出。対面研修のサポートツールとして活用)

【詳しい内容】
サービスに関する詳しい情報は以下をご参照ください。
イー・コミュニケーションズ  https://service.e-coms.co.jp/service/saku-saku-testing2/
株式会社イー・コミュニケーションズについて (http://www.e-coms.co.jp)

お電話でのお問い合わせはこちら。
平日09:30-18:30
ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください。